歯の診察中

技術の発展

口を開ける

インプラント治療はこの四十年間で目を見張るほどの発展を遂げてきました。この急激な発展を可能にした材料こそが、金属のチタンなのです。このチタンの性質の一つに骨と結合するという性質があります。この性質は他の金属にはないチタン特有のものなのです。これまでのインプラントの治療では他の金属、例えば、鉄や金などを使っていたのですが、骨に組み込んでも割と早くに外れてしまい機能として十分には果たせなかったのです。そのようにインプラント治療は現実的ではありませんでした。しかし、チタンの骨と結合する性質の偶然の発見によりインプラント治療が現実的になり、それをきっかけに急激的に発展をしてきました。これからも、より一層の進化をすることでしょう。

このような歴史があり、急激的に発展を遂げたインプラント治療ですがまだまだ課題はたくさんあります。この四十年間でインプラントそのものの性質は十二分に向上してきました。チタンそのものが劣化しにくいものでもあったので、現代のインプラント治療の初期に取り付けられたものが四十年以上経った今現在でも交換することなく使い続けられているくらいです。なので、人間の寿命を考えた時にこのインプラントは半永久的に使われることができるので、今後はこのインプラント自体の性能の発展というよりは、手術における技術の発展が中心になることが予想されます。 未だにこの手術では、あごの骨が十分になかったり、歯茎が下がっていたりすると、手術が困難になるという現実があります。なので、今後は誰でも手術を受けられるような技術の発展が期待されます。